てまり草は知っていますか?

これから5月くらいまで時々お花やさんに並ぶ、てまり草。
作ったことありますか?

これをグリーンにして敷き詰めると芝生のようだし、
ピンクなど色をつけると可愛いぼんぼりのよう。
ハーバリウムなどいれても結構な存在感です。

temarisou190201.jpg

スターチス作っています

先日、講習会で使うお花を購入した時にお花屋さんがおまけしてくれました、スターチス。

ですから、リーフ液で作っています、スターチス。

スターチスはお花の色がそのままで、茎だけリーフ液があがります。
お花の色がそのままってかわいいでしょ?!

現在、リーフ液に浸けてはじめて、3日目。このまま、1〜2週間浸けておいたら出来上がりです。

startis190125.jpg

ぜひ、作ってみてください。

年末に作り始めた葉牡丹(ハボタン)。

通常はA液B液で作るのですが、柔らかめに仕上げてみようとらくらくプリザ液で試みました。

しかし、1週間程度では色が抜けていなく、着色もいまいち。

なので、4週間くらいつけていました。

その結果がこちら。

habotan20190118.jpg

だいぶ色が付きました。柔らかくなるかはこれから乾燥してみてからです。

さてどうなりますか。

チューリップできました

年末から作っていたチューリップできました

レモンイエローで染めたので、なかなかいい感じです。

いかがでしょうか?

あ、そろそろ葉牡丹がどうなったかみてみないと。。

tulip20190111-1.jpgtulip20190111-2.jpg

チューリップを作っています。

2019年、始めのお花はチューリップ!

お花屋さんには1月から並ぶお花の代表ですよね。

チューリップも品種がたくさんありますので、上手に作れるかどうかは作ってみないとわかりませんが、概してあまり開かないタイプのチューリップは作りやすいといえるでしょう。

A液とB液で作ります。まずはA液に入れましょう、

tulip20190104-1.jpg

これを1週間ほどA液に入れておいたものはこちら

tulip20190104-2.jpg

これをB液のレモンイエローに入れてみます。

tulip20190104-3.jpg

2〜3日入れた後、数日乾燥させるとできあがりなので、次回にはお見せできると思います。

ちなみに葉牡丹はプリザ液ではもう少し時間がかかりそうです。

葉牡丹を作ろう

講習用に購入した葉牡丹を作り始めました。
葉牡丹は通常A液B液で作ります。
A液B液で作ると葉牡丹がパリパリになります。
葉牡丹は葉っぱなので、硬くなるのは他の葉を作っているので理解しています。

ですので、少し時間がかかりそうですが、らくらくプリザ液のレッドで作ってみます。
年末年始の休暇の間浸けてつけておきたいと思います。

habotan20181228.jpg

ちょっと仕上がりがどうなるかわかりませんが、やってみたいと思います。
どうなるかは来年ですね。。

バラのリーフが上手にできた感じ

前回のユリ、いまいち上手く行かなかったので、また今度試したいと思います。

さて、先日からなんとなく作っていたバラの葉茎、上手にできたようです。

バラの葉茎はリーフ液で作れるのですが、上手に作るのはとても難しいです。
毎年、幾度も試していますがなかなか残したいものができません。

で、今回もとりあえず作ってみたスプレーバラのリーフですが、こんな感じです。

なんとなく元気がないように見えますが。。
roseleaf18121401.jpg

近くで見ると葉がツヤツヤでいい感じです。
roseleaf18121402.jpg

ちなみに1輪のスタンダートバラの葉茎は作るのがとても難しいので、試すのであれば「葉」だけをリーフ液に浸けて吸わせると上手くいくことがあります。

茎も作りたいときにはスプレーバラをお試しください。

では、また。

ユリを作り始めました

お客様から
「ユリをどうしても作りたいのですが。」
というお問い合わせがありました。

これまで作りたいユリを見かけたことがなかったので作らなかったのですが、小さめのユリを作ってみることにしました。
今、A液に入れているのですが、なかなか花びらが硬くならないので、ちょっと心配です。

2種類試しています。
1)お花そのまま
2)花びらを分解して

うまくできるといいですけど。

lily18120701.jpg

1)お花丸ごと入れてみました。
lily18120702.jpg

2)花びらを分解してA液に入れます
lily18120703.jpg
さてどうなるなかあ。

レインボーフラワー作りました

花大学でレインボーフラワーというとこれです。

rainbow20181130.jpg

リカラーリング液を使って、お花をまわしつけていく方法で作ります。

イエロー、ピンク(マゼンダ)、スカイブルー(シアン)の順番でつけていきます。

うまくいったりいかなかったり、たくさん作りたくなってしまうそんなレインボーフラワー、皆さんもぜひ試してみてください。

リカラーリング液

https://preservedflower.hanadaigaku.com/archives/08/080715162115.php