10月10日から開催している新宿御苑メイキングプリザーブドフラワー展の模様を少しだけ届けします。

絵画にプリザを取り込んだ作品です。ホワイト、ゴールドの組み合わせはなかなか。

IMG_6760.jpg

壁掛けたくさん、円形の刺繍の感じが素敵です。

IMG_6790.jpg

ハーバリウム、背景は富士山を模しています。1枚の絵のようですね。

IMG_6796.jpg

カラフルなポップデザインにプリザを配置。ストレチアがなかなかいい感じです。

IMG_6767.jpg

見応えのある重厚な作品が並んでいます。

IMG_6771.jpg

花大学はこちらのパネルを作りました。製作中のススキも見ることができます。

IMG_6791.jpg

ひまわりとラベンダー、ねこじゃらしには風を感じます。いい作品です。

IMG_6768.jpg

150展以上の作品が並んでいます。
10/14までなのでぜひいらしてください。

詳しくは
https://preservedflower.mobi

その後のプリザのリンドウはこうなった。

その後のプリザのリンドウはこうなりました。

紫のリンドウとピンクのリンドウ、ブルーのリンドウを作ってみました。
生花の状態でお花だけを引っ張って取るのはなかなか難しいですが、上手にとれば花だけ色を変えられるので試してみてくださいね。
rindo181005-1.jpg

紫はこんな感じです。
rindo181005-2.jpg

葉茎をらくらくプリザ液のグリーンで作りましたが、A液B液で作るともう少ししっかりしたと思います。
リンドウの季節ももう少しなので終わらないうちに作ってみてください。

ススキ2018、始めました。

夜長の秋。秋は十五夜。秋は月。そして、秋はススキ。

ということで、ススキ、今年も始めます。

ススキがとても好きなので、ススキ研究のためにあちこち行ってみたいのですが、プリザづくりやプリザづくり、そしてプリザづくりがありますので、黙ってプリザ作ります。

まずは川原で刈ってきたススキはこちらです。

susuki2018-1.jpg

リーフ液を試験管に入れていきます。
なお、試験管でなくてもススキは作れます。

susuki2018-2.jpg

リーフ液の入った試験管にススキを入れていきます。

susuki2018-3.jpg

このまま2週間くらい放っておけば出来上がります。
ただ、リーフ液がなくなりそうになったら、リーフ液を継ぎ足してください。

これを新宿御苑の展示会に持っていく予定です。そのころにはススキが色づいていることでしょう。

リーフ液はこちら

やっぱり夏はひまわり!

夏のお花と言って思い出すのは、アサガオとヒマワリ🌻。

小学生の時に種まきして栽培しましたね。

やっぱり夏に作りたいのは「ひまわり」です。

でも、花壇に咲いているような大きなひまわりは制作液が大量に必要になってしまいますので、来年のタネを取るために最後まで育ててあげたほうがよいでしょう。

お花屋さんで売っている小さめのサンリッチレモンやサンリッチオレンジという品種が作りやすいです。
500ccカップに入りそうなくらいだといいかもしれません。

ひまわりはA液B液で作ります。
新鮮なお花の方がよいです。新鮮でないと花びらが取れやすくなります。

完成したひまわりはこちら

夏になると思い出す。。ねこじゃらし

夏になるとプリザにするお花が減って来ます。

夏はお花が少ないですからね。
そして、夏になると思い出すのはかき氷!じゃなかった、ねこじゃらし!

リーフ液でいろいろな色で吸い上げて作るの、とっても簡単。
大きいねこじゃらしよりも小さくて可愛いねこじゃらし、作るといいと思います。

A液B液でセンニチコウのプリザーブドフラワーを作りました。
ピンクとサーモンピンクで染めてます。

センニチコウはあまり脱色しないのですが、1週間くらいA液に入れていたらかなり脱色しました。
あ、その写真を撮るのを忘れました。。(汗;

特に注意する点はないのですが、茎を長く残すことによって、ハーバリウムの花材にもできますね。

次はハーバリウムオイルに入れてみようかな。

最近に気になっているのはハーバリウムの花材にグリーンが強いドライを使っている場合のことです。
なんとなく、オイルの色が黄色っぽい感じになっている気がします。
それはお花の「葉緑素」がオイルに溶け出しているのです。

この写真をご覧ください。
右側のオイルがなんとなく黄色っぽくなっている気がしませんか?このボトルにはドライのグリーンを使っています

夏なので、涼しげなハーバリウム作りたいなあ、ということでブルーを基調としたハーバリウムを作ってみました。

使った花材は

ラベンダー、アジサイ、ブルースター、ローズマリーです。

ブルースターはA液B液で作ります。完成したプリザは茎が硬いので注意しましょう。

blustar.jpg

ローズマリー、アジサイ、ラベンダー、ブルースターの順番に入れて行きます。
オイルを入れた状態がこちら